読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようじょのおえかきちょう

ふぇぇ お医者さんにペン持ったらダメっていわれた〜〜

マネーフォワードさんでお世話になりました

この春休み3月いっぱい、田町にある マネーフォワード さんでお世話になりました。

マネーフォワードさんについて

オレンジ : toC

moneyforward.com

とか

青 : toB

biz.moneyforward.com

とか(青は 6 種類ぐらいある)を運営しているところです。

社員さんの数は数えられなかったんですが 200 人は超えてると聞いた気がします、今まででお世話になったところではダントツに多いです。私の居た 1 ヶ月の間にもどんどん人が増えていました。

高専OBの方もちらほらいて、Slackに #kosen チャンネルが立っていました。学閥だ…

どんなことをしたの

今までだいたいバックエンドで Rails を書くインターンをしていて、もうちょっとフロント側もやってみたいな〜と思ったので、フロント側をやっていました。 React でした。

biz.moneyforward.com

biz.moneyforward.com

最初にテストを書きたいと希望を出していたのでテストをよく書きました。青いシリーズの「MFクラウド 経費」と「MFクラウド ファイナンス」を触っていました。前者ではUIに関する機能追加をしたりテストを書いたり、後者でもテストを書いてカバレッジをちょっとだけ上げました。

勉強したこと

  • 普段ひとりで書いていると設計に 自信がないまま/適当なまま 突き進んでしまって後でつらみを見たりすることが(私は)よくあるのですが、業務だとそんな怖いことできないのでこまめに聞きながら進めることができた
  • テスト書くのに慣れてきた
  • テストだいじ
  • 人数が増えて物理的な距離が離れると軽いやりとりに抵抗が生まれやすい(気がする)
    • オフィスの端と端とか、別の階とか、あるいは別の建物とか
    • 「わざわざ話すことでもないかな?」とか思っちゃう(かもしれない)
  • 慣れない、会計用語
  • デザイナーさんがフロントのコードを触れたらすごい助かるけど実際そう簡単にはいかない話とか

終わってみて

フロント中心のインターンは初めてだったのもあって全体的に動きが遅かった気がします…後から振り返るともっとスピード感持ってできたんじゃないのかなーとか、変なところで悩みすぎてたなーとか。後半は慣れてきてスピード上げてできたので良かったです。

あとこれはインターン期間が 1 ヶ月しかないのが + インターンという立場が原因の一つなんですが、どんなユーザーさんがどんな風にこの機能を使っているかとかサービスのことをもっと詳しく知ったりできたら「コードを書いている」から「サービスを作っている」って気持ちになりやすいのかなぁ、と(日本語がない)(その点デザイナーさんは強そう)(期間短いしある程度仕方ない感じする)

作法を分かってなくて滅茶苦茶書いたりしましたが丁寧に教えてくださった社員のみなさん、ありがとうございました :pray:

これから

8月半ばから9月末まで夏休みなのですが、ひとつ気になっている企業さんがあるのでその夏インターンの様子を窺いながら、それを差し引いた残りの夏休みをどう過ごそうか考えています。このままいくとあと 2 年で高専を卒業してしまうので、それまでにどこかでデザイナーインターンをしてみたいなとぼんやり思っています。

スキルを落ち着けろという話もあって、 Rails も React も趣味レベルでなんとか書けても胸を張って書けるとは言い切れないところがあるので、もうちょっと踏ん張るという選択肢もあります。

春休みの間に 1 回インタビューを受けたのですが(そのうち記事が出ると思う)、将来何がやりたいのという問いにやっぱり「その時やりたいことができれば…いいかなぁ…」とぼんやりした答えしか出せませんでした。これが自分でも悔しかったので、ほんとにその時やりたいことができるだけの幅広い基礎力をまずつけるか、何かひとつ自信持ってできることをつくるか、どっちかやっていきます。

おまけ

recruit.moneyforward.com

採用ページめっちゃかっこよくないですか